スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模様替え

クリスマスが終わると正月モードの模様替えである。
ホテル内は一日で様変わりした。
ピカピカのイルミネーションが終わり
凧、羽子板が飾られて急に落ち着いた雰囲気になった。
もみの木から松竹梅へ変わるが
皆春の緑を待ち望む気持ちは同じだ。
来年はどんな年になるだろうか。
かみさんが貰って来た3枚の宝くじが
当たって3億円貰ってから考えよう。






スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

スノーモービル

毎年校庭に雪が積もると修理工場から
スノーモービルを借りてくる。
今年は昨年より2週間程遅れたが
初乗りで校庭を圧雪してみた。
根雪が無いのでまだ土が所所でる。
まだまだ良い練習バーンにはならない。
万座では60センチを超えて降るのに、
四阿山を超える雪は少ない。
冷たい風だけが粉雪を舞い上げる。
里雪が降らないとまだスノーモービルの
出番はなさそうだ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

降り出した

クリスマス寒波襲来。
降り出した雪は激しい吹雪になった。
気温はマイナス14度現在積雪20センチ。
朝には40センチ位になりそうだ。
除雪をしないと普通車はデフをつかえてしまうだろう。
雪は明日も降りそうだ。
クリスマスプレゼントうれしいけれど、
度を越えていっぺんに来ると困ってしまう。
でもこれで完全な冬モードとなった。
田代小のグランドもクロカンのコースが作れるといいが。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

クリスマスケーキ

ケーキより酒の私であるが、
かみさんにはたまにケーキを買って来る。
かみさんは甘い物好き
腹が減ると怒りっぽくなるので、
ケーキはその薬として最適である。
何時も上田の紅谷さんで購入する。
24日クリスマスイブに出かけて見たが、
普段の3倍位ケーキが飾ってあった。
ケーキ屋さんも特別な日なのだろう。
丸いケーキはもう子供が家に居ないので大きすぎる。
かみさん分にショウトケーキ3個を買った。
やはり子供たちとワイワイやったクリスマスが懐かしい。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

期待はクリスマス寒波

やっと見つけたクロカンの練習場所も
雨の後、アイスバーンとなり、
ごつごつしてとても滑る状況ではなくなった。
しかたなく今日は湯の丸のゲレンデで滑らせた。
思いのほか人が多い。
新潟が滑れないので人が流れて来ている様だ。
いつかは降るだろうが、そのいつかが遅い。
26日27日辺り、天気予報に雪マークがある。
ささやかな期待をしているが、分からない。
ちまたは雪が無いので多くの人は喜んでいる。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

12月の万座が雨

ホテルの屋根に残った雪が落ちる音がする。
まさか雨降りになるとは。
それも音をたてて激しく。
これが雪なら今夜は大雪になっただろうに。
12月だよ、もう直ぐクリスマスだというのに。
地球が暖まっているのだろうか。
経済よりも自然淘汰で多くのスキー場が無くなるかも。
昨日がマイナス12度、今日は3度。
簡単に大気の温度が入れ替えられる。
自然の力に恐れおののきながら
自然の中に生きる幸せを感じる。


テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

万座料金所

19日から万座料金所が24時間営業になった。
冬季以外は朝7時から夜7時位なのだが、
冬季は夜間通行を当て込んで毎年行なっている。
スキーブームの頃は仕事を終えて夜間半泊が多く
夜の通行も多かったが、今は殆んどいない。
昨日の金曜日もホテル半泊はゼロである。
昔と今ではお客様の流れが違う。
変わらないのは料金所の通行料が
日本一高い事だけである。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

温風パイプ

コメリーでファンヒーターからコタツへ温風を送る
便利で省エネになる蛇腹の煙突みたいなパイプを買った。
コタツの電源を入れなくてもヒーターからの温風が来るので
直ぐ暖かくなり確かに便利である。
ただパイプが熱を持ちかなり熱くなるので、
火傷をしそうで注意が必要だ。
安いからしかたがないが、
パイプが熱くならない様な工夫があればと思った。
俗人の私には無いが、世の中には、
アイデアマンがいるものだ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

雪を待つ

早く雪が振り出したし、
ナナカマドの実も一杯なったので、
今年は大雪バンザイと思っていたが、
ここに来て天気も良く暖かい。
とうとう練習場所がなくなってしまった。
これから冬休みに子供たちは入るが、
プログラムをどう組んだら良いか困ってしまった。
今までの期待の雪は全てからぶり。
残るはクリスマス寒波のみ。
ぼやいても成る様にしか成らないが、
自然相手はただ待つだけである。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

感覚の違い

東京で14日初霜が観測されたそうだ。
万座の初霜は9月12日三ヶ月違う。
町から来る人の感覚が違うわけだ。
ホテルへの問い合わせで
雪があります。道路が凍結してますと言うと、
驚く人がいる。
必ず冬タイヤかチェーン装備をお願いするが、
何人かは持たずに来て途中で携帯から助けての電話が入る。
その場に来ないと分からないものだ。
感覚の違いを思い思い新聞を読んでいる。


テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

あっそう

パソコンが動かなくなった。
バッテリーの寿命が来たのかもしれないと
パソコン好きの同僚にみてもらったら
スイッチのコンセントが抜けていたそうだ。
「あっそう」と笑ったが、
まあ機械音痴はそんなものだ。
ホテルでよくお客様からテレビが出ないとの苦情を
受けて部屋に行き後ろを見ると、たいがいアンテナか
コンセントの入れ忘れが多い。
老人会だからと笑っていたら、
いつの間にか自分もその仲間になっていた。
天網恢恢よわったものだ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

スキー場オープン

万座温泉スキー場がオープンした。
今年は昨年より自然雪が少ない。
数日前の雨の影響が痛い。
ただ昨夜の満月に大きな月輪が見えた。
天気の崩れる前触れである。
14日討ち入りの雪を期待している。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

忘年会

我が家の古民家を改築してそば屋を作っているが、
未だに完成しないので、太鼓の会の忘年会は
あきらめて、新年会に切り替えた。
幾つかお誘いがあるが、
断ったので今年の忘年会は一つも無い。
不景気を反映してホテルも忘年会のお客様は少ない。
テレビもリストラとか寂しい話ばかりである。
笑って忘年会、新年会を迎える人は
幾人いるだろうか。
当然の事ながら万座温泉ホテルの忘年会も無い。


テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

原石を磨く

原石といってもクロカンの子供たちである。
中に秘めた力は素晴らしいものがあるが、
残念ながら親がスキーに連れて行く事が少ない為
板に上手く乗れない。
本当に原石そのままである。
ここは理屈はいらないひたすら滑らせる事が一番。
滑って転んで、転んで滑って、泣いて覚える他は無い。
大人は頭から覚えるが子供は体で覚える。
1シーズンが終わって磨かれた石を思い描いて
今は怒鳴り声をあげている。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

雨でした

やっぱり雨でした。
天気予報では雨と言ったが、
まさか万座で雨は無いだろうと思ったが、
たちまち気温が上がり0度を超えてしまった。
一日で10度位の温度差があると
何となく体がおかしくなる。
また風邪のぶり返しが無ければ良いが。
スキーにも大きく影響するので困ったものだ。
やはり季節には季節の物が欲しい。
あんまり雪が解け無ければ良いが。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

雪氷バーン

バラギの東海大学研修所グラウンドは現在
雪の後に降った雨に固められてスケートリンク模様
クロカンのスケーテング練習には持って来いの高速バーン
スピードに負けない重心移動を覚えるには良い所だ。
入りたての4年生は転ぶと痛いので可哀想だが、
条件が良いので早く板に乗れる様になるだろう。
今年も子供たちとの部活が始まった。
早く雪が20~30Cm降るのを今か今かと
待っている。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

のどもと過ぎれば

扁桃腺ののどの痛みが長引くので
めったに行かない病院へ行った。
当然の事ながら酒はいけないとか、
不摂生はいけないとかのお話を伺い、
薬を受け取り帰って来ました。
もっとももっともで一日過ごして痛みが治まると、
二日目からは何時もの通りの生活。
今年も頂いたうがい薬は使い切りにはならないだろう。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

宵の明星

風邪で休んでいたら、新聞と同僚から、
月と金星、木星が輝き神秘的だったと知らされた。
金星と木星が間近に見える事もあるのだ。
ふと思ったのだが、金星と木星が重なって見えたら、
さぞ明るく見えるだろう。
それが夕方南西方向で午後7時位には沈んでしまう。
季節は12月25日。2008年前。
もしかしたら旅人はこの星を見たのではないだろうか。
想像は面白い。
夏の間一番星で輝いた木星から、
明けと宵の明星に空もバトンタッチしていよいよ冬。


テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

風邪

毎年師走に入ると風邪を引く。
扁桃腺が赤く腫れた喉の痛みから始まる。
熱が出なければいいのだが、
一通りの症状を通らないと出て行かないだろう。
こういう時は市販の薬の効果は薄い。
早く治したいのだが、
最近は病院でも薬を出すだけで、注射はしない。
体力が風邪を追い出すまで、
安静にするしか方法は無いのだろう。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。