スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お楽しみ2日目

さすがに春。
11時を過ぎると雪が緩んで来た。
ザラメの雪は滑りにくい。
夜勤明けで子供たちに付き合っているが、
そろそろ眠くなって来た。
丁度2時間位が良い練習時間だろう。
無風でパノラマ最高。
子供たちはまだまだ滑りたそうだ。
明日も練習、晴れて無風だとうれしいが。

スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

お楽しみスキー

サラサラの粉雪で滑りやすい。
ここに来てトップシーズンの雪質である。
おまけに今日から小中学生が無料でラッキーだ。
表万座スキー場へ部員10人無料、シニアが一人2000円
実に安いお楽しみスキーである。
クロカンの板でスピードを出すのは大変だが
1シーズン終わって皆うまくなった。
何日かはこのパターンで行こうと思う。
良い春だがそれにしても今日は寒い。


テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

寒の戻り

万座はマイナス10度。結構寒い。
サラサラの粉雪が積もり滑るには最高である。
春休みに入ったので部員たちと
クロカンの板でゲレンデスキーを楽しもうと計画した。
表万座スキー場が29日から4月5日まで小中学生が無料になる。
無料はラッキーである。
下界は花見、山はスキー。
良い季節だ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

なごり雪

買い物を頼まれ上田へ行った。
桜の蕾が膨らみもうすぐ咲きそうだ。
紅白の梅は満開。春の日差しが暖かい。
田代は突然の雪になった。
しばらく勢いが強いので、積もるだろうと思ったが、
地温が高いので降ってはただ溶けるだけだった。
車で峠を越える時、気が付くと
なごり雪を口ずさんでいた。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

WBC

一眠りしてテレビを点けた。
丁度WBC決勝の9回裏だった。
ついつい見入ってしまった。
あまり野球には興味はないが、
ハラハラドキドキ良い試合だった。
日韓で5回も戦うのは変な組み合わせだが
日本が優勝したのはうれしい。
興味が無くも興奮するのだから、
ファンは有頂天になるのもうなずける。
スポーツは楽しい。
見るもいいが、自分が参加するのが一番だ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

志賀草津高原ルート

朝、大型ブルドーザーを積んだトレーラー3台と行き会った。
いよいよ志賀草津ルートの除雪が始まる。
今年は雪が少ないので早々除雪が終わる様な気がする。
オープンは4月22日である。
雪の壁と善光寺の御開帳があるので何時も以上に
賑やかな春になるだろう。
それに合わせてか表万座入り口にある嬬恋牧場のカフェを
今年は万座温泉ホテルが営業するそうだ。
経営者の考えは分からないが
我が家の庭にもチュウリップが芽を出し春が来た。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

後片付け

雪の無くなった校庭のすみに
スノーモービルが置かれている。
早く片付けたいが雪がないとソリが滑らず
動かし難いので雪が降るのを待っている。
残念だが今日は雨。雪にはならない。
この際校庭が乾いてから引っ張り出すしかないか。
冬はスノーモービルが無ければ仕事にならないが、
要らなくなると片付けは大変である。
部室も清掃してスキーを仕舞わなければ。
除雪機も雪かきもで片付けなければ。
全て片付けて気持ちも冬から春になるが、
体に春眠が先に襲って来た。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

春モード

スキー大会が終了した。最後の大会も雨。
今年は雨の大会が多かった。
冷たい雨の後は夏の様な日差し。
温度差に体が驚いている。
気が抜けたのか花粉の為かクシャミが出る。
春モードに切り替えなければ。
出勤すると刷り上ったキャベツマラソンの
パンフレットが送られて来ていた。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

タイムマシーン

卒業文集が届いた。
小学校での思い出や中学への想い
10年後の夢、希望が一杯詰まった文集だ。
いつの間にか忘れられてしまうだろうが、
十年二十年たってふとこの文集を見る事があれば、
一瞬であの頃の自分に帰れる。
文集は大切な夢のタイムマシーンなのだ。
見るはかんたんだが作り上げる先生たちは大変だと思う。
なにせタイムマシーンなのだから。



テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

彼岸の入り

無信心だが暖かさに釣られて花を買った。
何時もの年なら雪で行けないお墓だが
今年は雪が少ないのでお墓参りをした。
田代は昔、埋め墓と参り墓と云う方法で墓が2つあった。
埋め墓は滅んだ肉体の墓、参り墓は神仏となった魂の墓だ。
今は火葬出来るので墓は1つである。
うちの墓の隣は埋め墓である。
雪の解けた埋め墓に福寿草の葉が顔を出している。
何時からかここは福寿草の群生地になっている。
誰かが植えた株が自然に増えたのだろう。
もう直ぐ黄色い花が咲き乱れる。



テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

携帯電話

予定通りと言うか息子が携帯を失くした。
大体2年に一回の割合で失くしている。
今回は水上のスポーツ少年団大会へ応援に来て失くした。
失くす直前にコース上で応援していた息子から電話が来て、
気温が上がってきてワックスが合わなくなって来ているとの事
急遽上塗りをして後半の部員はうまく滑れた。
充分実力通りの結果が出された。
試合後気分良く息子が「俺も走ってくる」と言って走りに行った。
しばらくしてから一大事の携帯探しである。
まあ何時もの事と今回3年程持った事の方が不思議な位だ。
買え替えたが中のメモリーは残らない。
その内電話が来るさぁと気楽である。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

逆戻り

三寒四温と言うけれど冬に逆戻りである。
吹雪いている雪が30センチ程積もった。
今除雪機で掃き終わった所だ。
粉雪なのでまた直ぐ吹き溜まるだろう。
気温もマイナス13度になった。
明るくなって吹き止んでくれればいいが、
万座の春はまだまだ遠い。
帰る前にもう一掃きしなければ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

オオイヌノフグリ

かみさんの車のパンクを直して届けた。
車を止めたとこまで200~300mテクテク歩いた。
春の日差しが気持ち良い。
畑のきわにはもうオオイヌノフグリが咲いていた。
雑草なれどスミレの様に水色が美しい花だ。
三原は春になった。
ここから万座までの22キロの道を2ヶ月かけて春が登って来る。
今ホテルの外は雪降り、もう20センチ程に積もった。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

故障

車が古い為か融雪剤のせいか、
車のマフラーの先が落ちてしまった。
バイクの様な音になり
あわてて友達の修理工にかけこんだ。
応急に直して、後で部品を取り寄せるそうだ。
一段落して夜出勤前電話がしっきりなしに鳴るので出ると、
かみさんからで、車がパンクしたのでと迎えを頼まれた。
急いで迎えに行き、着替えて出勤急がしかった。
季節の変わり目に人が風邪を引くように
車も体調を崩すのだろうか。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

ワックステクニック

クロカンのクラシカルレースは走法もキックワックスも難しい。
二本のカッターレーンを走るのだが、
その時の雪温、雪質、状態により選ぶワックスが違う。
何十ものワックスから今日の一つを選ぶ。
何年やっても絶対という時はなかなか無い。
今日はアイスバーンのざらめ雪。チューブのワックスだが、
ベースワックスを入れないと直ぐはがれてしまう。
ベタベタの松脂の様なワックスをバーナーで暖め手でこする。
少し効き過ぎたと思ったが選手は気持ち良く走れた様だ。
成績もまずまずでほっとした。
完走した部員たちが一冬でたくましくなった様に感じた。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

桜の開花予想

新聞に桜の開花予想が出ていた。
予想通りに開花すれば
今年は史上3位タイの早い開花だそうだ。
前橋は29日、長野は4月9日とある。
この頃の気温を感じるともっと早く開花するような気がする。
梅や福寿草、芝桜祭りのポスターがホテルに届く。
予定通りに咲かない年は旅行業者泣かせである。
「葉桜を観光バスが追いかける」
今日は啓蟄だが今年の虫は目覚めが早い。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

血圧計

かみさんが血圧計を買った。
殆んど健康体だと思い計った事がなかったが、
計って見たらかなり血圧が高かった。
うながされて初めて血圧で病院へ行った。
いろいろ検査をされて薬と血圧を付ける用紙を貰ってきた。
しばらく酒と同じに毎日欠かさず計らないといけない。
56歳は早いか遅いかわからないが、
いろいろな所にガタが来ていると痛感した。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

TPO

前回同様、激安直通バスで温泉他の
TV放映がTBSイブニング5であった。
今回はさほどの反響は無く夜間の問い合わせも無かった。
TPOが合わなかったのだろう。
心理学者では無いから分からないが、
無い物ねだりが人の心理だとすれば、春に旅の話は合わない。
春は夕日の話をすると受けるかもしれない。
キャベツマラソンが行なわれる田代のパノラマラインは
夕日の道として売り出したいほどの景色である。
ついついTPOが心理学の話になってしまった。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

大会日程

小学生の大会がこれから3回続く。
日程と保護者の送迎、応援、前日の宿泊等
連絡を作成した。
後3回かもう3回で今シーズンの大会は終わる。
雪不足で思うように練習が出来なかったが、
部員の顔も私の顔も結構黒くなった。
走法はへただが、体力は付いたと思う。
大会がある度についつい目に見える勝ち負けにこだわってしまうが、
自分に負けない気持ちが一番大事だと思う。
レース中は頑張れ頑張れと叱咤激怒の応援だが、
全力を尽くしたゴールは皆が勝者笑顔でありたい。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

弥生3月

暖かな一日。
春の訪れを思う。
草津音楽の森へ部員と出かけた。
馬鹿に賑やかに旗が幾つも飾ってあった。
聞くと荻原健司のスキーフェステバルが明日あるそうだ。
レッスンとレースがあると言うので、参加をお願いしたら、
初心者対象でレースも100m~200m位と言うので止めた。
明日も練習に行くが、いい天気でギャラリーが多いと
部員たちも何時も以上に張り切って練習するだろう。
そこらが純粋な山の子の良い所だ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。