スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はしご

庭が綺麗になった。
いっさく庵の前にあった溶岩も整備して花壇を作り
花を置いて玄関らしくなった。
そば屋の旗も2~3本飾り店らしい雰囲気になってきた。
綺麗になるといろいろその他が気になるようで、
庭にある木が邪魔なので伐ったらとかみさんの催促。
職人を頼むのも難なので自分で伐ろうと、
コメリーにはしごを買いに行った。
山の木と違い、庭の木はテレビとか電話とかの線があり伐り難い。
上から切り落とすしかないだろう。
2段式、19800円少し高いが、
国民給付金が生きたかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

強風の後

午後突然の強風に驚いた。
台風並であろうか、木々が大きく揺れた。
万座道は折れて飛ばされた枝が無数に広がっていた。
お陰で塵も雲も吹き飛ばされて満天の星空が見えた。
気温も下がった。
少し雪が舞ったのか凍結で渋峠は通行止めになっていた。
マイナス4度。この土日は行楽とは行かなかった様だ。
悪天候と寒さはこたつと酒が良く似合う。
猫になっていたら犬息子が雨風関係なく走って来て
猫父ちゃんはこたつから追い出されてしまった。


テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

待ち時間

病院の待ち時間は長い。
雪降りの日に初めて行った時はスムーズに診てもらえた。
2回目晴れの日に行ったらえらく混んでいた。
天気が悪いと病院へ行く人は少ないのだろうと思い
今日雨の日にかみさんに順番取りを頼んだ。
扉が開く7時に行くともう何台も車がいて10番位だったそうだ。
どれ位になるか家から電話すると12時少し前に来てくれとの事。
行って終わったのは1時半過ぎ。
医者と顔を合わせたのは長くて3分。
医者は忙しそう、患者はひまを持て余す。
慣れている人は1日仕事とのんびり構えている。
慣れない自分はただただ名前を呼ばれるのをひたすら待つだけ。




テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

酒飲み

つくづく日本は平和だと思う。
草なぎ剛の泥酔問題が新聞の1面を飾る。
おまけに警察も過剰反応で家宅捜査とは。
いけない事だが、中川さんとは立場が違う。
酒飲みだから言うのだが、
それくらいの事は3面記事の片隅位の価値しかない。
まあ有名人はかわいそうだ。
そう思いながらテレビの前のコタツにあたり
一人酒にいそしんでいる。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

新入部員

田代轟太鼓に新しい部員候補たちが体験に来た。
小学1年生が6人、5年生が1人、合計7人
皆入ってくれると大変な戦力になる。
小学1年生とあなどるなかれで、
1年間練習すると驚くような叩き手になる。
毎週木曜日の練習が楽しみだ。
今日は先輩たちも何時になく張り切っているようで
太鼓の音が勇ましく感じた。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

志賀草津高原ルート

22日10時に志賀草津高原ルートが開通する。
いよいよ高原に春が来る。
5月の連休の頃にはシャクナゲが咲き出す。
草津では開通前に恒例のツールド草津大会があった。
新聞に写真があったが、今年は雪が少ない。
横手の雪の壁もあまり期待出来ない。
29日には万座からの須坂線が開く。
山歩きにも散歩にも最高の季節になって来た。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

半袖短パン

夏が来た様だ。
山歩きが気持ち良い。
ついつい部員たちと20K位歩いてしまった。
8時半に出発して帰りは12時を過ぎた。
中学生は元気だが小学生は疲れたみたいだ。
ようやく子供たちと歩ける位の体力は付いてきた。
これからぼちぼち走り始めようと思う。
それにしても今日は暑い日になった。
田代で半袖短パンなんて夏でも幾日もないのに。
息子は飯縄山を走って来て気分が良さそうだ。
昨日歓迎会でいっさく庵で飲んだ酒もすっかりきれた。
規則正しく補給しなくては。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

三原の桜ライトアップ

万座鹿沢口駅横の三原バイパスの桜並木
五分咲き位だろうか。
今年もライトアップが始まった。
今日は冷たい雨だが、明日からは暑い位になると言う。
たちまち満開で今年は29日の安市までは持たないだろう。
一時の賑わいだが夜桜は綺麗だ。
自分の家の桜をライトアップしている人もいる。
春は良い。
花冷の雨に負けて何もしないで
酒を飲んで寝ていた一日が悔やまれる。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

駆けっこと汗

鳥居峠を目指して桜の駆けっこが始まった。
三原から大前明日は大笹に来るだろう。
上田からは大日向までは来たが、
そこから峠道になるので渋沢辺りでのろのろしている。
気温と天気の声援を受け競争に勢いが付いて来た。
どちらから来ても5月の連休までに来ればたいしたものだ。
一足早く庭にタンポポが咲いた。
かみさんは洗濯ばあさんとなり張り切って家を片付けている。
張り切りすぎて車の車検が後1年あるのに
友達の修理工場に持って行き余計な汗をかいて帰って来た。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

ヒキガエル

昼から降り出した雨が本降りになった。
夜の万座道にヒキガエルがゆっくりゆっくり道路を横切っている。
当然ひかれてペチャンコになったカエルが幾つも見える。
長い冬を冬眠して春になった途端に
ヒキガエルが轢き蛙ではかわいそうだ。
本能のままに雨につられて出てくるのだろう。
これも自然淘汰に入るのだろうか。
水ぬるむ春である。
これからは池の中に細長いカエルの卵が見えてくる。
カエルの歌が今年も賑やかだろう。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

うぐいすの声

隣のそば屋さん、いっさく庵の奥さんは洗濯好きだ。
毎日朝帰宅すると洗濯物を干している。
おはようございますと声をかけると、
最近はうぐいすが早く鳴くので5時には起こされると言う。
今まで上田に居たので鳥の声に起こされるのは初めてだそうだ。
気にもしなかったが、そういえばけっこう一日鳥の声がしている。
うぐいすも今は鳴き始め、
だんだんいい声で鳴けるように日々練習に励んでいる。
そのうちカッコウ、ホトトギスの声も加わるだろう。
レギラーはカラスで今日も犬の餌を食べに来ている。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

中国人研修生

今年も農家の手伝いとして、中国から研修生が10数人田代に来た。
彼らは2~3人づつに分かれて各農家に分散され仕事をする。
今日は休みなのか集団で村内をそぞろ歩いていた。
すれ違うと皆礼儀正しく「おはようございます。」とあいさつして来た。
「ニーハオ」と私もあいさつを返した。
二十歳位の若者たちだ。
ホテルにも中国から研修生として2~3人が1年契約で毎年来ている。
研修生たちは一生懸命仕事をするが、
給料は派遣業者に天引きされ安いようだ。
帰れば物価が違うというが。
また一度きりで二度は日本に来れないらしい。
良い思い出を持って帰れば良いが、
ただ仕事だけでは,さみしい。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

日進月歩

サボっていたせいかテクテク歩いても筋肉痛が来た。
大分慣れて歩ける様になった。
少し色気が出て走ってみた。
息が上がるがけっこうゆっくりだと走れるものだ。
こうして順調に行けばいいが、
ぼろ筋肉なので、必ず良い調子と思った所で痙攣や筋をやってしまう。
動き出す前のストレッチや準備運動が大事とわかっているが、
テクテク歩きが準備運動と直ぐ動き出すのがいけないのだろう。
わかっちゃいるけどやめられない。が毎年の繰り返しである。
孫悟空みたいに努力がそのまま力になれば空も飛べるが、
人は3歩進んで2歩下がり、2歩進んで2歩下がる。
それでも日進月歩、体が軽くなって来た。



テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

きさらぎの望月

空にもう少しで満月の明るい月が浮いている。
町では満開の桜の下で盛り上がっているだろう。
良い花祭りの陽気だ。
西行法師の詩の一節だけ思い浮かぶ。
その頃の桜は山桜らしい。
田代小の校庭の隅にある山桜の木
多分小学校が出来た時かそれより前か
100年も200年も経っているだろうか。
5月の連休の頃に満開になる。
きさらぎから一ヶ月弥生の望月が田代の春である。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

レベル2

浅間山の警戒レベルが3から2へ下がった。
今日は確かに噴煙は少ないが、
昨日はかなり煙が出ていた様な気がした。
煙の量とレベルはあまり関係なさそうだ。
そろそろ浅間の麓のシャクナゲ園が始まるのでそこまでは、
と言う事は無いと思うがタイミングが良い。
まあおかげで今年も山登りで黒斑山までは行ける。
体を鍛えなければ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

テクテク歩く

講釈では山に登れない。
子供たちと遊ぶのも体力勝負である。
冬のスキーは行って来いのタイム取りで良かったが、
オフシーズンは一緒に歩き一緒に走りたい。
と言うことでテクテク歩き始めた。
10Kを背負い10Kを歩き10Kやせるを目標に。
毎年そんな事を思い始めるが、
汗をかくとビールがうまい。
中年太りからの脱出は今年もだめだろうか?

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

チューリップ

高崎のおばあちゃん家から咲いた花の鉢を
軽トラ一杯程、田代へ持って来た。
パンジーや水仙,クモマ草は寒さに強いが、
20~30センチに伸びたチュウリップは
一晩外に置いたら、うつむいてしまった。
家の中に入れて置いたら一日で立ち上がった。
ホッとしたが、田代はまだまだ寒い。
庭のチュウリップもやっと5センチ位芽を出した所だ。
そば屋さんの駐車場にと少し整地した隅にフキノトウが
幾つか顔を出した。
今年は丑年。春は牛歩が好きらしい。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

休館日

4月1日から3日間ホテルの休館日である。
この間に入れ替えとメンテナンスを行なう。
今年は善光寺の御開帳と曜日の関係で休館日が短い。
以前は会社がご苦労さんで春旅行があったが、
今はそんな余裕はなさそうだ。
ホテル住まいの従業員は宿が変わったので
期間内に引越しをするそうだ。
春はいろいろ変わって来る。
いつでも変わらないのは夜警の仕事だけだ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。