スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の思い出

無事に息子が帰って来た。
入れ替わりに中学生部員たちと明日から富士山合宿である。
合宿と言っても山登りと富士急ハイランドのお楽しみ会である。
今降っている雨が心配だが、
昨年も大雨注意報が出ていたが富士山頂はピカッ晴れだった。
今年も晴れ男パターンで何とかなるだろう。
経験は人生を豊かにする。
部員たちに夏の良い思い出を作って欲しい。
ビビリ中学生に今年は富士急で絶叫マシーンに
二つ以上は乗ると言う約束をした。
私の指定席は回転木馬である。


スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

帰って来るかな

何時スタートしたのかどんなコースかも知らないが、
多くの仲間の声が息子の心に聞こえただろう。
今シーズン一番の目標大会で2番に入った事は
世界と戦える大きな自信になったと思う。
社会人として仕事との両立は大変だろうが
師匠の背中を追って頑張ってもらいたい。
予定は28日8時に成田に着く事になっているが、
本当に帰って来るのか、帰って来るまで分からない。
帰って来たら本当に皆さんを誘っていっさく庵で一杯やりたい。
昨日もその準備の為にいっさく庵で酔っ払ってしまった。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

明日は嬬恋まつり

雨の音を聞きながら明日の天気が気にかかる。
今年も嬬恋まつりに轟太鼓が出演する。
会場は東中校庭。
14:30ウルトラマン15:00県警音楽隊17:10轟太鼓
18:30ダ・カーポコンサート19:30花火。
さんざ降ったから明日あたりは天気になって欲しい。
こまくさまつりでデビューした1年生部員たち
今度は前回よりちょっとうまく叩けるだろう。
夏まつりは続き8月14日は田代まつりがある。
またちょっとまたちょっとと上手くなる部員たちが楽しみだ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

スイス甘いかしょっぱいか

道の駅ららん藤岡発4:30成田直通バスを見送る。
息子がスイスへ出発した。
どんなレースになるのか無事に帰って来ればいいが。
直ぐ感化されやすいのでスイスに住み着くと言い出しかねない。
教頭先生から優勝しなかったら帰って来るなと言われたと
喜んで話していた。
息子の良い夏休みである。
これから夏山を走りこんで御岳、菅平を目指すだろう。
親父は夏山を歩いて追っかけの体力作りである。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

またまたポッターさん

こまくさ祭りが終わりかみさん、ともよんと三人で
剣岳の映画を見に行こうと佐久のアムアムへ。
時間を確認しなくてすでに今日の放映は終わっていた。
せっかく来たからとハリーポッターの字幕版を見る事に。
前回見た日本語吹き替えより本人の声なので違和感が無くて良かった。
こんなに早くポッターさんを二回も見れてファンとしてはラッキーである。
で、ついつい帰り道はその先まであらすじ講釈。
かみさんに「お口にチャック」と怒られた。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

うなぎ

息子が帰省したのを良いことに
スイスではうなぎは食えないだろうと精力付けに買ってきた。
さすがに土用とあって上田のつるやはうなぎがいっぱい。
国産は高い、ためらいためらい、まあいいかで買った。
仕事があるので何時もの通り一人早夕食。
寝ていると突然「父ちゃん帰るぞ」と元気な息子の声
寝ぼけ眼で「おうがんばれ」と言ってもう一度寝直し。
かみさんがおいしくおかわりをして食べて行ったよ言った。
息子にはエネルギーかみさんと俺には脂肪に
土用のうなぎは変身した事だろう。



テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

こまくさ祭り

万座にこまくさ祭りの季節が廻って来た。
今年は20日21日の予定である。
田代の轟太鼓も20日のイベントに参加する。
今年はかわいい1年生部員が6人も入って
小学生だけで17人シーズン初デビュウ楽しみである。
肝心のこまくさの花は本白根山で今が最高の見ごろ。
今年の山の花は一週間程平年より早い。
プリンスホテル下のお祭り広場では早々とヤグラが組まれた。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

ハリーポッター

佐久のアムアムへかみさんとポッターさんを見に行って来た。
50才以上夫婦割引で一人1000円はラッキーだった。
かみさんは本も読んで無いしあまり興味なさげで半分うたた寝。
まあ本を読んでなければ展開が速すぎて何の事か理解出来ないだろう。
本など殆んど読まないがポッターシリーズだけは全部読んだ。
映画は子供の小さいときはドラえもん、次は宮崎駿シリーズ
そしてハリーポッターと見に行った。
かみさんも息子も今は剣岳の方が好きなようで
相変わらずワクワクしているのは私だけになったようだ。
午後4時終わって扉を開けるとミニスカートの女子高校生たちが
順番を待っていた。





テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

梅雨明け

梅雨末期の大雨も雷も無くいきなり梅雨明けとなった。
平年より一週間ほど早いという。
高原にいるので夏は本当に爽やかで気持ち良い。
部員の夏休み計画作成中である。
息子にアルパインダボスの招待状が送られてきた。
夏休みである。
精一杯海外レースを楽しんで欲しい。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

で次の日は米子瀑布

小雨が降っていたがどうせ濡れると米子瀑布行き決行。
昨日の浅間登山で疲れてそんなには出てこないと思っていたら
かみさんが用意したプレゼントの菓子が足りなくなった。
菅平を越えて約1時間半駐車場到着。
昨日の反省はどこへやらいくぞと言ったら、トップはたちまち見えなくなった。
全員お不動さんに集合させ不動滝でびっしょり冷水シャワーを浴びせる。
これで雨で濡れるとか、ぶつくさ言っていた反抗期中学生もわめかなくなった。
帰りは広場から林道1キロ駆け降り駐車場へ。
次回はここから浦倉山を超えてパルコールスキー場縦走を考えている。
もう直ぐ夏休みである。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

山霧でミニ遭難

11日少し曇っていたが、浅間登山を決行した。
何度も行ってかって知ったる道のつもりでいたが、
帰り道急に湧き出した霧に沢を一つ間違えてしまった。
迷った時は霧の晴れるのを待って上に戻る。
30分程のミニ遭難を経験した。
山をなめてはいけない。良い教訓と訓練になった。
部員の数が多くなると時間差が出来目が届かない。
タイム別のリーダーが必要だと痛感した。
山神を恐れ敬い、夏山に挑戦したい。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

鏑木さん来館

二度目となる万座温泉でのトレイル講習会前日。
息子と鏑木さんが来館した。
今回はマイクロ送迎が出来ないのでホテルを基点に
白根、小串方面を走るそうだ。
天気になって気持ち良いトレイル講習会になって欲しい。
二人とも大きなレース後なので話が盛り上がるだろう。
参加したいが、部員たちと浅間に登る予定なので残念だ。
次回はトレイルの皆さんと飲みながら話がしたいものだ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

お墓のすみれ

雨を待って背伸びをする草木。
雨上がりに雑草が気にかかりだした。
草刈機で庭とついでにお墓の草刈をした。
お墓の周りはここ数年すみれの群生地になっている。
花はすでに終わっているがハート型の葉が無数に広がり
緑のじゅうたんが綺麗だ。
やはり今年もすみれの場所は刈り払わずに残してきた。
雑草なれどすみれはかわいい。
秋風が吹くまでこのままで置こうと思う。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

幸せのポケット

昨年の菅平トレイル大会ではばあちゃんと。
今年の赤城トレイル大会ではいとこと。
そして5日の志賀トレイル大会では応援の仲間たちとゴールをした。
息子の喜びは応援の仲間たちの喜び幸せである。
不思議なポケットという歌があるが、息子には幸せなポケットがあるのだろう。
皆で分かち合えば分かち合うほど幸せは大きくなる。
多くの仲間たちに囲まれる息子は幸せ者だ。
これでボヤッキーでなければいい男なのだが、
調子が悪いと直ぐボヤクのは誰に似たのだろうか。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

廃道

つい2~3年前までは車が走っていた道
新しい道が出来たので使われなくなった。
砂利道だったので草木がはびこり通れなくなった。
久々に大丈夫だろうと思い歩いてみた。
散々な薮田漕ぎになってしまった。
草は背丈程に伸び梅雨で全身ずぶぬれ。
キジか山鳥の巣があったのか4~5羽急に飛び出しびっくり。
舗装道路に出てホッとした。
使われなくなるとわずかな時間で自然に戻る。
これも化育なのだろう。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

小熊を見た

かみさんと上田へ出かけた。
レディースデイでかみさんが「禅」の映画を
入場券1000円で見た帰りの出来事。
鳥居峠のガードレール横に生まれてまもないであろう
真っ黒なぬいぐるみの様な小熊をかみさんが見つけた。
車が近づくとあわてて草薮に飛び込んだ。
側に親熊が居ないか見渡したがわからなかった。
かみさんは初めて野生の熊を見たそうだ。
人里離れて元気に育って欲しいが大きくなって見つかれば撃たれてしまうだろう。
最近は猪、カモシカ、キツネ、狸、ウサギの他に日本鹿やアライグマ等よく見かける。
野生動物が増え過ぎたのか人が近づき過ぎたのか
かわいいから余計かわいそうにと思った。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

消えた咳

しつこい咳に取り付かれてほぼ1ヶ月。
キャベツマラソンの終わりとともに消えた。
ストレスでは無く偶然だろうが喉の引っかかりが取れた。
漢方薬が効いたのか時間が効いたのか分からないが
今度こそ治った様な気がする。
明日からは7月夏山の季節である。
子供たちと遊ぶ体力作りに勤しまなければ。
5日には息子が参加する志賀トレイル50kがある。
大福餅を持って追っかけのサポーターである。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。