スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御嶽山の霊力

御嶽トレイル大会の勝利は霊力か薬か
今まで2回の失速レースのもやもやとした
むすこの気持ちを御嶽山が晴らしてくれた。
まれに見る暑さのレースだったが気持ちが折れずにゴール出来た。
サポート、声援を送って頂いた方々に感謝している。
むすこがトレイルに目覚めたのもこの御嶽からである。
悩んでいたキナバルにも気持ちが動いた様だ。
原点に戻った練習方法と食事で次も山を楽しんでもらいたい。
モンブラン160キロ中止で鏑木さんの泣き顔を見た。
頑張ってもそういう事がある。
自然は偉大で過酷である。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

明日は御嶽

むすこが参加する御嶽スカイレースが29日にある。
またまた追っかけオヤジで御嶽に行く。
富士山、スイスと失速続きで心配だが
御嶽の霊気で気持ちよくレースが出来ればと願う。
師匠の鏑木さんが参加するモンブラン160キロと
多分同日だろう。
どちらも無事に完走してもらいたい。


テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

秋を感じて

飲んベーが秋を感じた。
今まで冷蔵庫のビールだけだった手が酒に動いた。
夏の冷酒も良いよと思っても台所の一升瓶は動かなかったが
なんとなく今日は一杯という気になった。
心より体が秋を感じたのだろう。
で、おもむろに一杯。
後は寝るだけ。良く眠った。
ドンピシャの雷様も子守唄である。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

リンドウが咲き出した

早朝散歩、ヤナギランもそろそろ終わり
もう直ぐリンドウですねーと話をしながら歩いていたら
草原の中に早々と咲いているリンドウを発見した。
見回すとススキの中に紫が点々と見える。
秋が始まっているのを感じた。
明日は小諸から田代へ夜間歩くスターウオークフェステバルがある。
懐古園スタートのセレモニーに轟太鼓が頼まれた。
田代祭りの演奏で一段と上手くなった
子供たちの演奏が楽しみだ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

アサギマダラ

今年初めてアサギマダラの蝶を見た。
ヨツバヒヨドリの咲く頃やって来るのだが
今年は遅いような気がする。
丁度万座の仙人と話が出来たが
年々アサギマダラが少なくなっていると言っていた。
ケナシ峠の蝶の乱舞も見れなくなるかもしれない。
21日は嬬恋で蝶のマーキング会があると毎日新聞に載っていた。
前回は奄美の喜界島で確認されたそうだ。
アサギマダラの止まっている姿、飛ぶ姿に
散歩のお客様も大喜びだった。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

送り火

送り火を焚いてお盆が終わった。
孫も帰り生活が元に戻った。
草花に秋の気配を感じるが暑い。
まだ夏休みなのでホテルに子供の声がする。
早朝散歩で笹笛、笹船の遊びももう暫らく続く。
ヤナギランの花もピークを過ぎた。
次の主役はリンドウ。
つぼみが大きく膨らんで来た。
東の木星が事のほか明るい。
星座も夏から秋に代わって行く。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

8月14日は田代祭りです。

今日太鼓の練習会に行って来た。
お盆のこの時期は太鼓の卒業生たちも休みで帰省するので
太鼓の練習会は賑やかになる。
14日は朝から告げ太鼓で地区中を車の上から演奏
午後3時から田代小学校校庭でお祭りが始まる。
太鼓演奏はラストの5時30分位から
短い祭りだがこの時期はキャベツの最盛期で農家の人は忙しい。
忙しさで田代は長く夏祭りの無い村だった。
15~6年前やっとお盆位はと祭りが始まった。
人と人が久々に会うには祭りが一番。
故郷の夏祭り線香花火の様な小さな祭りだが
子供たちには夏の良い思い出になるだろう。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

切り替え

夏ばてか旅疲れか少し気が抜けている。
予定していた部活の練習は他の練習が多すぎて中止にした。
中学生は駅伝、小学生はマーチング、毎日学校で夏休み無しの様だ。
その上にスキー部の練習では子供が参ってしまう。
お陰で自由の時間が増えたが何か力が出ない。
暑さと暇は体に良くない。
お盆か台風で気持ちの切り替えをしなくてはと思う。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

エーデルワイスを探して

むすこの招待に甘えてかみさんと3人スイスへ行って来ました。
初日2日は初冬の寒さダボスの山頂は雪が降った。
大会日は気持ち良い暖かさ選手は暑過ぎる様だった。
むすこの78Kmはラスト20Km位で失速予定より1時間位遅れて
7時間21分38番でゴール、ロングはだめと意外とさばけていた。
次の日からは観光、氷河湖トレッキングから氷河を眺めて
3000mのロッジでビール。
ハイジの世界に浸り高原のチーズ屋でチーズホンジュとビール。
ダボスの植物園でエーデルワイス探し。
やっと数株を見つけた。
スイスのエーデルワイスは限られた所しかない幻の花だと分かった。
乾燥した気候なのか虫も少ないがリップクリームは欠かせない。
カルチャアショックは列車のボットントイレ下の線路が良く見える。
物価は日本の約2倍安いのは炭酸水位。
食は質素、日本の何でもありとは大きな違いだ。
帰国しておおぎやでラーメンと餃子を3人で食べた。
2400円スイスでは考えられない値段である。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。