スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親と子

2日続けて水上と嬬恋のクロカン大会があった。
両日とも部員の活躍に保護者の応援が嬉しい。
両親そろって声を枯らし選手にエールを贈る。
期待に応えて選手も精一杯の力を出し切る。
勝敗を超えて走り終えた選手全員に祝福の拍手。
部員が一レースごとにたくましくなって行く。
親は幾つになっても子の追っかけである。
子と一緒に一喜一憂。
そういう部のコーチで幸せである。

スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

デビュー戦

草津音楽の森スキー場でクロカンスキー大会があった。
小中学生の県大会第1戦である。
どこの地区も始めて大会に出る子のデビュー戦である。
3年生4年生の新入部員たちのレースに一喜一憂。
板を履いて本当にヨチヨチ歩きのヒヨコの様だった部員が
練習一ヶ月、ワンピーを着てレースに臨む。
子供たちの覚えは早い。さまになっていて驚いた。
ハーハーと息を切らせてゴールする部員が大きく見えた。
頼もしい冬のクロカン選手が生まれた。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

次は上州シリーズ第1戦

県中スキー大会が終わった。
雪の水上藤原、大会中毎日1mよく降った。
選手も役員も大変だったが無事に終わり
結果男女各1名が全中に行かれる。
ほぼ予定通りだった。
帰宅後直ぐに裏山のコース作り。
23日に行なわれる草津大会の準備である。
水上とちがい降ったけれどまだ雪は少ない。
雪出しをして何とか1キロメーター位のコースを作った。
今度は小中一緒、大所帯で出かける。
冬本番寒さにも慣れ子供たちの顔もだいぶ黒くなった。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

県中スキー大会

やっとクロカンスキーの準備が出来た。
備品購入から集金支払いも今日終わった。
部員もクリスマスから正月休みを除いてほぼ毎日
雪上練習が出来て臨戦態勢が整った。
明日から大会会場がある水上高原に行く。
大会は16日から18日、フリー、クラシカル、リレー。
今年は昨年全中で選手が頑張ったので9名エントリー出来る。
出来るだけ多くの選手に行ってもらいたいのはどの監督も思いは同じ。
レベルは低くても大会に出ると何かが変わる。
出れなくても練習はウソをつかない人生のいろいろの場面で生かされる。
中3は最後の大会になる自分に悔いの無い様頑張って欲しい。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

ある日突然

30日から子供夫婦と孫3人が東海大研修センターに来ている。
老体に鞭打ち孫のスキー練習に付き合う。
昨年小学1年の長女は一人で滑れる様になった。
今年は幼稚園年長の長男にある日突然がやって来た。
初日は箸にも棒にもで抱かれて滑るだけだったが、
2日目リフト1本目は昨日と同じだったが、
2本目ハの字で止める事が出来た。
スキーは感覚のスポーツなのでコツを掴むと覚えは早い。
次からは滑り止まりそれから左右とたちまち上達する。
ボーゲンでラストは一人で降りて来られた。
ついつい指導者になるがじいさんは嬉しい。
アウトドア好きの子に育って欲しいと祈る。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。