スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッシック走法

上州シリーズと中学新人戦が終わった。
クラッシックの走法は難しい。
条件の限られた所で部員を強くさせる方法はと毎回悩んでいる。
狭いが辛うじて雪のある所をひたすら走るのみだ。
そんな中でも他地区に負けない走りをする部員たちを嬉しく思う。
でも本当はもう少し条件が良ければ
もっと強くさせられるのにとの思いがよぎる。
無い物ねだりをしてはいけないのだが。
気持ちを切り替えて次は小学総体、スポーツ少年団大会だ。
シーズンも後半になった。
鞭打って追い込みをかけたい。


スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

区民スキー大会

朝8時みぞれ雪が止んだ。
30分遅れで9時スキー大会が開催された。
水を含んでバーンの状態は最悪と思ったら以外に良い状態だった。
風は南から北風に変わったが絶好のスキー日和となった。
田代っ子にもむすこ同様晴れ男女が多いようだ。
クロカンもショウトコースを保護者、生徒、先生、係役員
もろもろの声援を受け選手は懸命に走った。
リキみ過ぎや運不運の転倒で失敗した子もいたが
結果より走りきった子にエールを贈りたい。
部員にとってはこれからが本番である。
胸を張り前を向き大きいホームで板を滑らせて欲しい。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

雪だろうか雨だろうか

明日は区民スキー大会。
天気予報は雨か雪どちらになるだろうか。
万座の気温は今0度、重い雪が降り出した。
雨に変わってもおかしくない温度だ。
子供たちが楽しみにしているので心情的には雪でいて欲しい。
アルペンもあるがクロカンもある。
ゲレンデを使ってのショゥトコースだが
全コース応援で埋め尽くされるので選手は全力で頑張るだろう。
今日は明日に備え直登り直降りの練習をした。
転んでも直ぐ起きてひたすら登る。
うまくなり強くなったと思う。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

雪が降りました。

待たせて待たせてやっと雪が降った。
これで何とか2月一杯の練習が出来るだろう。
コースにレーンが入りクラシカルの練習が出来る。
私を含め部員もフリーの方が好きだが、
今後の大会のレースは殆んどクラシカルである。
得意不得意はあるが両方出来てクロスカントリーである。
頑張ってもらいたいが教えない事は出来ない。
初めての部員は走法の違いで戸惑っているが練習しか教える方法は無い。
大会まで日数わずか
怒鳴り声にめげずに部員たちはもくもくと走っている。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

全中クロカン応援

家から猪苗代まで400キロ新潟周りでも6時間遠かった。
アルパイン鹿沢の帽子とブブゼラを持って部員の応援に行った。
会場で高らかにブブゼラを鳴らしての応援に一人浮いた感じ。
まだまだ踊る阿呆に見る阿呆の文化はクロカンでは定着していない。
まあ周りをほとんど気にせずにブブゼラを鳴らしまくってきたが。
レースが終わって群馬の選手に「どうだ聞こえたか」と言うと、
「良く聞こえた」と結構好印象だったようだ。
反応の一番良かったのは地元のおばちゃんたち。
偏見かもしれないがどうも保守王国群馬の監督コーチは硬い。
ともあれ部員たちは参加して良いカルチャーショックを感じたと思う。
これからの人生に必ず生きてくるだろう。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

雪出し

2月は一番雪の多い時なのに田代の雪は減るばかり。
寒さが厳しいので何とか融けずにいたがそろそろ限界。
学校裏山のコースも畑の土が見え始めた。
多すぎると困るが少し雪が欲しい。
一番練習に力の入る時期なので雪の無いのは本当に困る。
無い雪をかき集めて何とかしたがまた直ぐ土が出そうだ。
明日からは福島県の猪苗代で行なわれている全中の応援に行く。
部員に自主練で頑張るように言ったが雪は持つだろうか。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

アルパイン鹿沢

むすこは天性の晴れ男なのだろう。
昨年今年と良い天候に恵まれた幸せな事である。
スタッフと選手のお陰で素晴らしい大会になった。
メインゲレンデを大きく使い地獄の登り天国の下り。
太鼓の音とブブセラそして熱い声援。
選手は必死だがリレーは楽しい。
ちょっと大人のハンディキャップがありすぎたかと思うが、
子供たちの頑張りに参加者の目は暖かい。
遠路より参加してくれるトレイル仲間に感謝し
何時までも応援してくれるように祈りたい。
むすこの山への思いが地域を動かす。
おやじとおふくろはブブセラとフェルトで応援するだけである。



テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

節分

2月に入ると同時に暖かくなった。
芯まで冷えるような寒さから少し開放された。
体は正直である春眠の様に良く眠れる。
動物も同じか今まで見なかった狸の親子3匹が
万座料金所辺りにウロウロ出てきた。
このまま冬が終わるわけはないが、
週末のアルパイン鹿沢までは暖かくいて欲しい。
参加者全員で楽しい大会になって欲しい。
主催のむすこも参加者に感謝感謝ではりきっている。
今日は節分、風、風邪の邪気を祓って魔滅を撒こう。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。