スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨入り

気温は寒く感じるが大地の動きは早い。
何時もはまだ姫竹の走りが見えないのに今年は結構出ている。
残雪は何時も以上にあるのに土筆はスギナに変わり始めた。
やっと芽吹きの季節を迎えるのにもう梅雨入りとは。
じめじめの季節は晴れ男には似合わない。
スカッと気持ち良く梅雨を乗り越えたい。
と思ったら白根山の湯釜が少し噴きそうだと言う。
草津のマラソン大会を祝って熱湯を降らす気だろうか。

スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

みぞれ

5月24日日付の変わる頃から雨音が止んだ。
もう降らないのかと外を見て驚いた。
雨が雪に変わっていた。
結構良い降りなので心配したが道路は地熱があるので大丈夫だった。
ただ他は一面の銀世界。
春が立ち止まってしまった。
せっかく桜がちらほら咲き出したのに早朝散歩も今日は中止。
あまり春が遅いと遅霜や草花の開花も遅れる。
アルパインの時レンゲツツジが咲くと良いのだが。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

早朝散歩始まる

早朝散歩が始まった。
初日の気温はマイナス1度、まだ寒い。
それでも10人程のお客様が参加してくれた。
雪解け水で所所路面の凍結もあり
足元注意の散歩だったが喜んでくれた。
道横にはフキノトウ、つくしが顔を出している。
湿原にはコバイケイソウ。
イワナシの花も咲き出した。
残雪を横目に散歩の会話が弾む。


テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

春を感じた。

本業は暇な為4日ほど休みになった。
休日を利用して家のメンテナンスでもと意気込んだ。
が、初日二日と雨模様思うようには行かないものだ。
それでもかみさん監督の下、庭の手入れ。
三日目は晴天になり屋根のペンキ塗り。
そして四日目はセメントとレンガで雨水避けに家の周りを固めた。
素人なりにうまく出来たが腰が痛い。
まあ監督のかみさんがいろいろブツクサ言いながらも
喜んだので全て良しと言う所だ。
腰を休めて見上げると木々の芽吹き空の青さ五月の風。
春を感じた。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

ダイレクトメール

ゴールデンウィークが終わった。
波が引くようにお客様が途絶えた。
個人客はそこそこに動き出したが団体客はまだ動かない。
観光業者、ホテル、ドライブイン、飲食店、至難の時である。
サバイバルを乗り切るためにありふれているがホテルも
メール戦略で目暗撃ちに出た。
1000通で1件当たれば10000通で10件
何もしないよりはと必死である。
毎日新聞の川柳に「気がつけば笑っているのはテレビだけ」とあるが本当だ。
芽吹く若葉の季節自粛を自粛してお客様がホテルに来ることを願う。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

アルパイン鹿沢春の陣

一気に標高差500mを駆け上る過酷なレース。
むすこに言わせると日本で始めてのレース形式だという。
参加した選手の達成感にも似た笑顔が輝く大会であった。
毎回応援してくれる多くの仲間に支えれむすこは幸せである。
次回はツツジ咲く夏の陣。
アットホームな大会になって欲しいと思う。
選手もスタッフもそしてギャラリーもみんなが喜ぶ大会を
目指してみなさんにありがとう。




テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

アルパイン鹿沢春の陣準備

明日4日アルパイン鹿沢春の陣がある。
ハイランドスキー場のある鍋蓋山500M直登競技である。
むすこたちが準備をするというので手伝いにいった。
手伝いと思ったが登るのに精一杯だった。
情けないが体力と呼吸がもたない。
明日の選手たちも地獄の苦しみと天国を味わうだろう。
むすこは日本で最初の競技と張り切っている。
自分の苦しい所は選手も苦しいだろうと思い
中間で給水番をしようと思う。
晴れは確定。良い大会になればと願う。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。