スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片付け

24日保護者にあいさつをして中学CC部のコーチを退いた。
小学生は来シーズンも老体に鞭打ちコーチを続ける。
散らかした倉庫の片付をして気持ち新たに春を待ちたい。
残るは校庭のスノーモービルを返す事。
厄年(役年)なんだろういろいろあって毎日が気ぜわしい。
任期3年それでも何とか1年過ぎた。
整理整頓なかなか片付られないが
どこかで春が生まれてる
どこかで芽の出る音がする。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

田代小卒業式

田代小の卒業式に行って来ました。
第59回とあるから昭和26,7年が
第1回目なのだろう私が生まれた頃だ。
卒業生13人。
少ないけれど感動的な卒業式だった。
巣立つ子に親はどんな言葉をかけるのだろう。
目を閉じて聞き入った。
ハンカチを持って行って良かった。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

嬬恋村キャベツマラソン

7月1日第4回嬬恋キャベツマラソン大会が開催される。
昨年は中止でもう出来ないと思っていたが、
いろいろありまして開催するそうです。
4月上旬体協の会議があり内容が分かります。
村は観光のため大規模に人数を集めて開催したいそうだが、
受け入れの態勢を整えないとと他人事ながら心配だ。
やるなら良い大会良い運営をしてもらいたい。
キャベツは本当に美味しい「はるかぜ」が出る時期だ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

スポーツ少年団大会

ラスト大会が終わった。
フリーの嬬恋、クラシカルの片品
お家の事情も知らずに両立と言うは簡単だが。
雪も気まぐれ要らなくなると降る降る。
何時もは彼岸の頃に降る重い雪。
この雪の向こうに春が待っている。
夜、心地良い春風が吹いていた。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。