スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬬恋村高原キャベツ

家に帰ると玄関にキャベツが3ヶ転がっていた。
誰が置いて行ったのかわからないがありがたい。
しばらくするとまた近所の母さんがキャベツを届けてくれた。
今日は日が良いのか、いよいよ出荷の時期が来たのだ。
種類は「はるかぜ」前は「青春」と言う銘柄である。
キャベツの中でも柔らかく一番美味しいキャベツだ。
昨日スーパーではるかぜを見つけて138円で購入したのが悔やまれる。
でもと早速一玉野菜炒めと千切りで頂いた。
柔らかいので農家は作るのに大変だろうが本当に美味しい。
毎日キャベツが食べられるなんて幸せな事だろう。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

ほっとぐんま640

国会中継が長くて心配したが無事放映してもらえた。
4日間も取材に来て5分の編集
さすがにプロでうまくまとめる物だと感心した。
テレビの反響はすごい。
たちまち恩師、友人から電話が掛かって来た。
むすこには後のお楽しみである。
28日にも、こんにちはいっと6けんで11:05から放映される。
今回取材で放映されなかったアルパイン鹿沢夏の陣も流される。
わざわざ取材して頂いたNHKアナウンサーの菊池さんから電話があった。
嬬恋のすばらしさを伝える。
取り上げて頂き感謝に堪えない。
次回が楽しみである。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

アルパイン鹿沢夏の陣そして

湯の丸がオレンジに染まる良い天気
アットホームの大会が出来た。
選手も応援も一体になるすごく暖かな時を感じた。
梅雨時期だが絶対晴れと確信していた。
主催のむすこも大きな力をもらっただろう。
はちきれんばかりの夢と希望を抱いて旅立った。
明日はNHK夕方6:40に放映がある。
宇宙戦艦大和を見送る気分だ。


テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

パソコン故障

やっと壊れたと思っていたパソコンが直った。
このパソコンは当初、会社から早朝散歩ブログ用に
置かれていたがいつの間にか会社のものだから誰でも使い
容量がほぼパンク寸前になっていて突然電源が切れる事度々だった。
もう寿命が来ていると思うが中のデーターを移す術も知らない機会音痴で困っていた。
操作を知っている者がSDカードと言う物にデーターを移してくれた。
このカードだと何処のパソコンを使っても自分のデーターが出せる。
何だか良く分からないが助かった。
どんどん便利になって行くがとてもメカ機能に追いつけない
まあそれでもブログが書けるだけで自分を誉めている。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

田代小遠足下見

7月4日田代小の遠足がある。
ちょっと頼まれて先生達と下見に西篭の塔山に登った。
当日はここから池の平で昼食午後三方ガ峰経由で
湯の丸駐車場までのコースである。
嵐の前の静けさか実に良い天気で清々しい
とても梅雨とは思えない気持ちの良い山登りだった。
当日も晴れて富士山やアルプスが見えて欲しい。
丁度レンゲツツジの満開の時だ。
良い日に良い山に登り心行くまで山を楽しんで好きになって欲しい。
むすこも気持ちに火が着いたか浅間を2往復
良い練習が出来たみたいだ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

菅平トレイル大会

菅平へ着くと同時に雨が上がった。
むすこは2戦目今回は20キロの部2位
NHKの取材や優勝プレッシャーの為少し気負い過ぎた様だ。
良い経験だ。常備勝つと天狗になる。
負けん気が強いからこれをバネに海外に向け調整してくるだろう。
来週のアルパイン鹿沢は良い天気アットホームの大会になると思う。
ローカルでも全国版でも放映されれば良い宣伝になる。
地域を盛り上げ自分を盛り上げ頑張って欲しい。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

6月15日

6月15日は田代吾妻山神社のお祭りである。
遠い昔は盛大にお祭りを祝ったと聞く。
キャベツが入ってからはお祭りは農作業が忙しく忘れ去られた。
40年程前地区有志が村を盛り上げようと運動会を開催した。
以来女性と子供の運動会で男たちは無関心だった。
10年程経過してだんだん男たちも参加するようになった。
今は運動会は秋に小学校と合同で行われる。
農作業も機械化が進み効率よく仕事がはかどるので
毎月15日は農休日となりそれぞれに楽しんでいる。
忙しい中にもゆとりが生まれ文化面にも目が行くようになった。
祭り好きのおやじとしてはうれしい限りだ。
この6月15日は多分晴れの特異日だと思う。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

嬬恋キャベツマラソン会議

7月1日のキャベツマラソン最終会議があった。
参加者は4300人。
受け入れは大丈夫なのだろうか心配だ。
今年は嬬恋村が主催なので体協は競技部門だけの担当である。
各種団体もいろいろおてんまがあたっている。
ホウレンソウが取れて良い大会になって欲しい。
なるようになるさ的な会議だったので一人心配している。


テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

浅間登山

10日浅間登山に何人来るだろうと思っていたら
小学2年から中学3年まで20人も集まった。
健脚はむすこにまかせて5年生以下の子と親でテクテク
天狗の湯から火山館まで2時間かかった。
健脚組は2時間で頂上2倍のスピードである。
さあ頑張ってと登り山頂で合流。
霧雨で景色も見えないし寒いのでさっさと下山。
到着順に天狗の湯に浸かって待っていろとむすこに伝えて
最後尾小学2年生を叱咤激怒急ぎ足で下山。
晴れた日の良い山を見せてあげたいのが本音だが
霧の山もまた良しとして次回に期待しよう。
大きな故郷の浅間山に登って何か感じただろうか。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

今日は天狗の湯から

浅間山に子供たちを登らせるのにどのコースが良いか
迷ったが天狗の湯からが一番と思った。
で、またまた下見で行って来た。
田代から先ずそこまで行くルートは、
湯の丸から東部町へ降りて浅間サンラインを小諸方面へ
トンネルを抜けて高峰高原線を7キロ
そこから天狗の湯まで4キロこれが良い。
高峰越えは道が悪過ぎる。
キロは長いがJバンド越えより、きついがなだらかだ。
心配は火山館まで子供たちがどれ位で来れるかだ。
予定していた明日は雨だと早々日曜日に延期
きっと良い天気になるだろう。
毎日見上げる山に一度位は登らなければ
浅間の鬼に笑われる。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

陽気に誘われて

気分的に昨日は梅雨入りの陽気
一転して今日は良い天気
ついふらふらと山に足が向かい気が付いたら浅間へ上っていた。
昨日で石楠花祭りが終わったので今日は誰も居ないと思ったが
会場の駐車場は他県ナンバーの車で一杯。
浅間へ上る中高年の多いこと自分が一番年下の雰囲気だった。
まあ月曜日なので当然といえば当然だが驚く。
9日子供たちと浅間を企画しての下見だが
ちょっと石楠花園からだと時間が掛かりすぎる。
天狗の湯からのコースに変更しようと思った。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

6月の桜花

やっと万座の桜が開花しました。
後一週間程で満開になるでしょう。
駐車場の残雪も消えるのに後ひと月位。朝の気温も5度以下でまだまだ寒い。
それでも6月白樺が芽吹き出し根曲がり竹に姫竹の走りが顔を出した。
山が今から賑やかになって来る。
山菜を取ってはいけないと規制しても罪の意識は無くみんな山に入る。
全ては自己責任で良いと思うのだが
遭難があるから行政としてはしかたないのだろう。
木々の芽吹きを山の住人は天使の訪れと言う。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。