スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万座の春

いつまでも寒いと思っていたが万座にも春がやって来た。
やっと桜の花が咲きだした。
大地が温まって来たのだろう。
一斉に草木が芽を出した。
一番驚いたのはプリンスゲレンデのヤナギランの芽である。
夏の花なのにたちまち20Cm位の高さに成長していた。
今年もゲレンデは8月赤紫の絨毯になるだろう。
カッコウの声は朝3時位から聞こえる。
日の出前の気温は2度。
ここ何日か霜の朝であるが春を五感が感じている。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

万座牛池

プリンスホテルの道上に牛池がある。
雪に覆われていたがやっと雪が解けて
遊歩道の木道が通れるようになった。
酸性の池なので魚は居ないが苔も生えないので
水は透き通っていてすごくきれいだ。
風が吹かないと鏡のように景色を映す。
大きなダケカンバの木が鹿の頭のように見える
この池のなにこれ珍百景だ。
今日も20人程のお客様が散歩で喜んでいた。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

早朝散歩始まる

今年もホテルの早朝散歩が始まった。
まだまだ道横には残雪が残る。
気温は2度でも無風で気持ちが良い。
初日にもかかわらず参加者が多い
皆さん散歩を楽しみにしていたようだ。
毎年初日は万座峠すこし時間がオーバーした。
お客様の笑顔がうれしい。
これから雪が降るまで散歩が続く。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

タラの芽、ワラビ

陽気に背中を押されてテクテク歩きに出かけた。
愛妻の丘にも車が何台か止まっていた。
車の通らない農道を行くと
ちょうど食べごろのタラの芽が3個
今夜の夕食は天ぷらに決定。
しばらく行くと今度はワラビ。
ひとつかみ一食分が一か所で取れた。
糠が無いのでワラビは明日にまわした。
こういう陽気になると歩くのも楽しいものだ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

冬戻り

連休が明けて暖かくなるかと思ったら冬に戻った。
気温-6度風が強く雪が舞い吹雪状態。
去年は1日今年は3日に来たイワツバメも凍えているだろう。
志賀草津道路もまた閉鎖になった。
この寒さはいつまで続くのだろう。
そろそろ散歩でもと考えていたがまたしばらく延びそうだ。
春よこい早くこいと北風のなかで口ずさむ。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

アルパイン鹿沢春の陣

4日むすこの主催でアルパイン鹿沢春の陣があった。
500mいっき登りの大会に90名程エントリーしてくれた。
名物おっちゃん汁も120人分程用意したが足りない程はけた。
来てくれた人皆が喜ぶアットホームの大会が出来た。
日本のトップレベルの人たちが合宿形式で参加。
チームジャパンの構想が実現しそうだ。
むすこの思いが地域や子どもたちの夢になればうれしい。
プロスカイランナー2年目
仲間に支えられながら行ける所まで行けとエールを送る。

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。