スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲンノショウコ

子供の頃夏休みの宿題でゲンノショウコ採りがあった。
乾燥して2Kgか4Kgか覚えていないが、
親にも手伝ってもらい毎日土手や野原を採り歩いた。
相当に採っても乾燥するとたいした重さにならない。
やっと採り終える頃は夏休みはもう終わりに近づいていた。
あの頃はゲンノショウコが薬になるなんて知らなかった。
名の云われも「現に効く証拠」でゲンノショウコなんて
早朝散歩を始めて図鑑で知った。
採り歩いた野原は今はみな畑に変わった。
遠い日の思い出になった。
で、あの売れたお金は何処にいったのだろうか?


スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。