スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いたずら雪

南岸低気圧で下界は雨だが、
山は水分を含んだ重い雪。
湿り気があり木々に張り付き圧し掛かる。
葉を落とした木は無事だが、
緑の松は重さで何本も枝が折れている。
折れた枝が痛々しい。
こんな雪はめったに降らない。
何時もはサラサラの粉雪なのに。
ついつい地球温暖化を心配してしまう。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。