スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒキガエル

昼から降り出した雨が本降りになった。
夜の万座道にヒキガエルがゆっくりゆっくり道路を横切っている。
当然ひかれてペチャンコになったカエルが幾つも見える。
長い冬を冬眠して春になった途端に
ヒキガエルが轢き蛙ではかわいそうだ。
本能のままに雨につられて出てくるのだろう。
これも自然淘汰に入るのだろうか。
水ぬるむ春である。
これからは池の中に細長いカエルの卵が見えてくる。
カエルの歌が今年も賑やかだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。