スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強風の後

午後突然の強風に驚いた。
台風並であろうか、木々が大きく揺れた。
万座道は折れて飛ばされた枝が無数に広がっていた。
お陰で塵も雲も吹き飛ばされて満天の星空が見えた。
気温も下がった。
少し雪が舞ったのか凍結で渋峠は通行止めになっていた。
マイナス4度。この土日は行楽とは行かなかった様だ。
悪天候と寒さはこたつと酒が良く似合う。
猫になっていたら犬息子が雨風関係なく走って来て
猫父ちゃんはこたつから追い出されてしまった。


スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。