スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の恵み

山道を歩く気持ち良さ。
鳥の声を聞き、そよ風に吹かれ
芽吹きの緑に包まれる。
田代の山は今タラの芽が食べごろ。
子供たちと歩いて目ざとく見つけるが、
みんな子供たちに採られてしまう。
まあしかたない。
内緒でタラの木がある場所を知っているので
一人で歩くときにテンプラで食べる位採りたいと思う。
山菜の季節である。
ワラビもコシアブラも出てきた。
万座は姫竹。
見るも食べるも山の恵みに感謝である。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

たろっぺ

子供たち、天ぷらにしてやると大好物です。

あの香りがたまりません。

こちらでは、ゴールデンウィークにたろっぺ探しに行ったときは、もう大きくなってるものが多かったですね~。 


たろっぺ?

こしあぶらの香りとさくさくって食感が好きです
いっさく庵さんの天ざるそばでは山菜の天ぷらが出るのでしょうか?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。