スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春一番いたずら風

春一番が吹いたと言うがそれほど感じなかった。
昼ごろかみさんが洗濯物を外に干して出かけたすきに吹いたのだろう。
物干しが倒れて洗濯物が泥まみれになって干されていた。
いっさく庵の奥さんが倒れていたのを起こしてくれた様だ。
帰って来たかみさんは自分に腹をたててプンプン怒っている。
こんな時は触らぬ神にたたり無しでさっさと仕度をしてスキー練習にいった。
お散歩散歩で雪の原を歩いたが、雪が柔らかくスキーが埋まる。
気持ち良いが滑るのは難しかった。
ちょっと早いがこのまま春になる様な気がした。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

プンプン

まだ大丈夫とたかをくくって干したまま出掛けたのが運のツキ。さぞかしきれいに乾いたであろうと思いながら車から洗濯物に目をやると、タオルケットやシーツなどが真っ黒くろすけ。数日好天が続いたので大きい洗濯物を洗ってきましたが、天気が変わるというので仕上げのつもりで洗ったのに。悔しい!春一番。雪解けのため、昼間は庭がお汁粉状態です。我が家にお越しの際にはしばらく長靴が必需品です。SOSのお電話を頂ければ長靴を持ってお迎えにあがります。

かかあのプンプン、あぁ怖い。被害防止のために、週末はケーキを買って帰ろうかな。

プンプンの甲斐あり

ケーキを買うのも長靴はくのも忘れないでね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。