スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福寿草

三原の土手に福寿草の花を見た。
固まりになって幾つも咲いていた。
春が嬬恋にもやって来たのを感じた。
家に帰って窓下の川原を覗いて見た。
古くは共同墓地の埋め墓になっていた所だが、
いつの間にかそこは福寿草の群生地になっている。
さすがに田代はまだ寒く福寿草は咲いていなかった。
このお花見スポットを知るのは我が家だけかも知れない。
これからはいろいろな花便りが五感に届くだろう。
わずかに残ったパノラマライン日陰の残雪でスキー練習の帰り道、
夕日がやわらかく田代の部落を照らしていた。


スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。