スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダケカンバ

根が動き出したのだろう、
木々の蕾が大きくなった。
雨上がりの木々は美しい。
特にダケカンバの木は際立っている。
赤茶色というのか色の表現は難しいが、
生き生きとしてまるで自ら動き出しそうに、
林全体が輝いている。
冬を耐え風雪に磨かれた木々たちだから
たくましく雄雄しく自信にあふれているのだ。
「さぁ活動の時だよ」
ダケカンバの声が聞こえた。


スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。