スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまな植え

キャベツの定植が始まった。
地元ではたまな植えと言っている。
今はほとんどが機械定植だった。
以前は全て人手で行っていたので
腰がちぎれる程痛かった記憶がある。
植える面積も格段に増えた。
順調に育ち価格安定を農家は祈っている。
畑の黒土に広がった小さな緑が
やがて一面緑の海へと変わる。
嬬恋の春が動き出した。



スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。