スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式

やく落としをしなかったせいかいろいろやくが舞い込む。
突然民生委員になったので枯れ木も山の招待状が一杯来る。
本日は田代小学校の卒業式に呼ばれた。
卒業生12名の半数以上が太鼓とクロカンスキーのメンバー。
緊張して卒業証書を受ける姿に涙が出た。
今時の卒業式は思い思いの歌や言葉で式を行なう。
昔は、あおげば尊しと春春春の言葉が定番だった。
昔も今も卒業生の思いは同じ。
明日の活躍を期待したい。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

コミュニティいっぱいに響いた太鼓

小学校の卒業式の夜、太鼓の卒業式もありました。同日実施は未だかつてなかった事で、子どもたちの叩く音にも気合いが感じられ、まとめに相応しい今年度最終回となりました。高校入学が待ち遠しい女子が応援を含めて5人、1才年上の女子高校生が2人駆け付けて華を添えてくれました。太鼓でもスキーでも自分がやりたい事に一生懸命に取り組む子どもたち。上達するはずです。教室の中での様子も同じはずです。お家の方の大きな応援を得て、スクスクと育っている子どもたちに逞しさと明るい未来を感じた嬉しい夜でした。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。