スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬬恋村高原キャベツ

家に帰ると玄関にキャベツが3ヶ転がっていた。
誰が置いて行ったのかわからないがありがたい。
しばらくするとまた近所の母さんがキャベツを届けてくれた。
今日は日が良いのか、いよいよ出荷の時期が来たのだ。
種類は「はるかぜ」前は「青春」と言う銘柄である。
キャベツの中でも柔らかく一番美味しいキャベツだ。
昨日スーパーではるかぜを見つけて138円で購入したのが悔やまれる。
でもと早速一玉野菜炒めと千切りで頂いた。
柔らかいので農家は作るのに大変だろうが本当に美味しい。
毎日キャベツが食べられるなんて幸せな事だろう。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。