スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しかし鹿死

かわいそうに夜の万座道料金所を少し登った所
メスの日本鹿が道脇で息絶えていた。
体重約50キロ位、車と衝突したのだろう。
帰りにいたら料金所の職員に連絡しようとおもう。
おもししろいのだがこの事件の処理をするのが教育委員会である。
前回カモシカの時にそんな話を聞いて不思議に思った。
日本鹿の交通事故は今回が初めてであり
鹿が増えて来ているのではと思う。
しかし人も動物も交通事故には会いたくないものだ。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。